先生!ラーメンはおやつに入りますか?

北海道の腫瘍内科医・大姿海路のラーメン中心なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドキドキの初処方!

皆さんお久しぶりです!

大姿海路は今日も元気に回診しまくっておじいちゃんおばあちゃんの人気者です。

ところが同年代~若干姉上な看護師の皆様には全然人気ありません(><)

つかえね~な!

という刺激的な視線を背に受け、上級医から頼まれた処方のオーダーを出してます。

でも大姿も医者!!

自分で考えて処方を出したい!

さあ、4月の中盤。そんな大姿に絶好のチャンスが訪れました!



担当患者の便秘。


下剤くらい!俺の判断で処方してもいいだろ!

指導医には事後報告でおk!

ということで、プルゼニドという下剤を処方しました。

下剤だけで数え切れないほどの種類があるんですよ…

そこをあえてプルゼニドにしたのには理由があります。

が、そこは専門的過ぎるので割愛。

とにかく、記念すべき初処方でした。下剤です。

早速患者さんのところへ報告。

「○○さん、今日から下剤出しておきましたよ!」

「そうですか。ありがとう!」

「いえいえ、でもね○○さん。本当は薬じゃなくてね、水分とって、適度に運動するのがいいんだよ。

どんな下剤であっても使い続けると腸の動きが悪くなるもんだからね。

下剤はそれでも便が出なかったとき飲んでくださいよ!」

ううん!大姿君、なかなかおばあちゃん想いのいい研修医でしょ。

しかし、この一言が裏目(?)に…


(翌朝)

「○○さん!下剤の効果ありましたか?」

「それがね…、寝る前に出たんですよ!だから先生の言うように下剤飲まなかったわ。」

「あ!!そう!!!!そ。。。。それはよかったね~!!」

もちろんうれしい気持ち99%。だって便秘解消したんだもん。俺の患者の!

だけど、せっかく初めての処方だったので飲んでみて反応見たかったな~って気持ちが1%。

そんな感じで俺の記念すべき初処方が空振りで終了したのでした。

このとき以来、「自分で考えて処方」というシーンが何度かあります。

自分で出した薬で喜んでくれるのは医者冥利につきますね。

素晴らしい職業です。
スポンサーサイト

研修医日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<身勝手ながらも悔しい死の話。 | HOME | 研修医の生活>>

この記事のコメント

ワタクシはマグラックスが好きです。理由はありません。ボクが自分の意見を初めて出したのはパラミヂンという薬だったかな?割とマニアックです。

便秘といいますと先ほど救急外来で摘便をしました(涙)アローゼンを持っていても飲んでなかったららしい。。。
2009-05-13 Wed 00:45 | URL | ずーぼる・てるて [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。