先生!ラーメンはおやつに入りますか?

北海道の腫瘍内科医・大姿海路のラーメン中心なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

世の中の「キャッチャー」に対する偏見を覆す記事

イメージというものは怖いものでして

いつの間にか

ピッチャーはヒーロー、キャッチャーはデブ。

という先入観がある気がしますね~~

私の信念は「負の先入観はくつがえせ!」というものですから、

みなさんのこうした先入観を取り除いてみたいと思います。

日本球界には「専属捕手」というだれが始めたかわからない一体全体効果あるのかないのかわからないような制度を導入しているチームがあります。

説明すると、

正キャッチャーは他にいる(もしくは併用)だが、この投手のときだけは必ずこのキャッチャーが先発する。

というもので、エース級のピッチャーで特に見られます。

例えば、球界のエース、ダルビッシュ有

そして、昨年沢村賞、岩隈久志

彼らには専属捕手が存在しますので、今回この二人を例に取り、

ピッチャーはヒーロー、キャッチャーはデブ。

という世間一般の先入観を打破しましょう!!

さてダルビッシュです。

daru
かっこいいですねえ。なぜか裸ですが。。

彼の専属捕手は…

鶴岡!

turu

どーです? 

ダルに負けない池面でしょ?

続いては、

岩隈!!

iwakuma

彼の女房役は、この人、

藤井!!!

hujii

だんだん書いてて悲しくなってきました。

世間の印象、恐るべし!!

スポンサーサイト

野球 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<迫ってきましたな… | HOME | 今となっては重大事件>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。