先生!ラーメンはおやつに入りますか?

北海道の腫瘍内科医・大姿海路のラーメン中心なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

汝乎何科研修医

研修一年目もあとわずか。

2月末の研修の状況はちょっと怪奇。

麻酔科だったんですが、3月に学会発表、そして原著論文の作成に乗りかかった関係でえらい忙しい状況に。

特に2月末となるとCPCレポートが締め切りとなるので今までサボってたつけとはいえ、つらい状況に勝手に追い込まれた大姿海路。

麻酔かけて~挿管して~上級医が休憩とってきていいよって言ったら病理の先生のところへGO!

顕微鏡覗いて~腫瘍の範囲プロットして~

時間が経ってしまい、手術室戻ると~

「おめー、オリンピック見てたんか~」

んなわけないっしょ…

んでしばらく麻酔掛けて~

上級医が飯くってきていいよ~と言ったら外科の先生のところへGO!

学会の打ち合わせ~

んで、やっぱり時間が経ってしまい、手術室戻ると~

「おめー、フィギュアスケート見てたんか~」

んんんんんなわけないっしょ、っていうかどうだったの?キムヨナに負けた?やっぱり??

んでまたしばらく麻酔掛けて~

上級医が三時のおやつ行ってらっしゃい~と言ったら腫瘍内科の先生のところへGO!

論文の打ち合わせ~

またペケもらっちゃったのだ(テヘッ

ってまたやっぱり時間かかっちゃって手術室戻ると

「さっきの手術終わったよ。次の手術始まるから挿管しなさいね。」

先生!僕、麻酔科大好きです。

麻酔科の先生のやさしさに甘え続ける毎日。

全ての手術が終わったら今度はCPCレポートだ。

文献検索して、医大図書館でコピー取って

家に帰ったらCPCレポート、論文書き、学会のパワーポイント作りを並行してやる。

君、何科の研修医?って聞かれたら。

さ~あ。でも挿管はできるようになりました。

ってかろうじて答えることにしよう。

(挿管は60例くらいはやったのでうちの病院は間違いなくいい麻酔科ですよ ←フォロー
スポンサーサイト

研修医日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世紀末ダイエッター伝説 | HOME | 貴重な経験>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。