先生!ラーメンはおやつに入りますか?

北海道の腫瘍内科医・大姿海路のラーメン中心なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

整形外科当直日誌

当直で実際の症例を見て勉強。(当院、整形外科研修ないのでこういうところで補完すべし。)

(プライバシー保護の観念より症例番号は順不同であり、受診順・年齢順・50音順等とは関係ありません。
  
  また、受傷機転や診断もわざと大雑把にしていますがご了承下さい。)




#1 50代 女性 雪道転倒 手関節痛 可動制限 → 橈骨遠位端骨折 → シーネ固定 

… 橈骨遠位端骨折は年齢を問わず高頻度に見られる骨折。手をついて転倒した際に発症。

  受傷時の手首の肢位によって骨折のタイプが異なり、手関節が背屈位(手首を反って地面についた状態)か、

  掌屈位(手首を曲げて地面についた状態)か、回内位(手の平を地面についた状態)か、

  回外位(手の甲が地面についた状態)かによって色々な骨折が発生する。

  一般的に橈骨遠位端骨折はコーレス骨折やスミス骨折、バートン骨折などに分類される。

  大半は背屈位・回内位で発生するコーレス骨折。

  本症例は閉経後ということで骨密度低下もあってか。

  手をつき手関節はれ、疼痛では注意必要。



#2 小児 転落にて受傷。肩が痛いで受診 → 鎖骨骨折 → 三角巾、アンヒバ坐薬

… 肩が痛くても鎖骨骨折ありうる。
 
  肩関節脱臼では骨頭が尾側に変位することが多い。


#3 20代 男性 転倒し受傷。右第一指が伸展不能 → CM関節亜脱臼 → シーネ固定

… 初めて聞く疾患であった。MPがくさいかなあ、と思ったが、CM関節。

  MPが伸展できなかったのはCM亜脱臼により痛みがあったからではないかとのこと。

  レントゲンでは主訴に関係のありそうな場所以外にも網羅的に見なければいけないと感じた。



スポンサーサイト
研修医日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんとかなる

あれから一年…。

いよいよ明日なんですね。今日は早く寝て、頑張って下さい!


…と言うのは月並みすぎるので、アドバイスにはなってないかも知れませんがちょっと小話を。


1・直前講座は絶対出る。

…これは本当に侮ってはいけません。特に前日やるマック、メックは。

特に先生がさらっと触れた部分。「あれ?何でこんなこと、今のタイミングで?!」みたいな部分。

ちょっとした違和感があるところ。ここ、出ます。要注意です。


2・当日は時間が有り余るので勉強道具を。

… 1と関連しますが、勉強道具はズバリ直前講座のテキストがいいと思います。

あとできればイヤーノート、レビューブックマイナーなど辞書的なもの。他は好みです。

直前、周りと色々談笑しますが、その時ふと、疑問に思ったところ、確認したいことがすぐにひければいいでしょう。


3・休み時間は答えあわせ(必然、実は理にかなっている?!)

… どうしても不安な気持ちが強い休み時間。

さっきの答え間違ったかな。やばい禁忌かも。どうしてもネガティブなのでそうなってしまいます。

それ故休み時間は答え合わせがどこもかしこも繰り広げられています。これはしょうがない。

そこで、答え合わせをあえて避けるのではなく、話に加わってみましょう。

意外に間違えてたと思ってたらみんなと同じだったり、今までの思い込みを解消できる最後の機会になったりします。

精神安定、知識整理に効果あります。似た分野が次のセクションに出てくることもたくさんあります。お試し下さい!



4・必修は緊張します(絶対)

…でもみんな一緒、まわりを見ると自分より緊張している人きっといます。

水泳部で鍛えたタフネスで乗り切って下さい。

あと、わからない問題はパスして2周目で解けば意外に解けるからすぐ焦らない。

(もちろんその時はマーク飛ばしに気を付けて!!)



以上!俺は去年初日の必修満点でした。それで二日目以降が本当に楽だった。

でもこれは運。いつかは自分に運が向いてくる!

同期の友人は二日目満点だったし、三日目に初めて八割乗った人も多かった。

だからめげずに最後まで走り切って下さい。500問あるんだもん。挽回可能。絶対。

健闘を祈ります。つまらないミスに注意。実力ではみんな合格です。

幼い頃からの夢だった医師になるための免許はすぐそこです。

朗報待ってます。




救急当番日当直室より愛をこめて。

大姿 海路
受験勉強 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。