先生!ラーメンはおやつに入りますか?

北海道の腫瘍内科医・大姿海路のラーメン中心なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

明日から9月

ということで配置転向(循環器科→代謝内分泌科)。

頑張ります。

ああ、もう夏も終わりか。

今年の夏はなんかじめじめしててあまり夏っぽくなかったな~

秋は暑いのだろうか?

と思いを馳せるが、ふとわれに返る

北海道は四季がない。

冬と夏とそれ以外(移行季)しかない。実質3季。

冬(11月~3月 5ヶ月!)

それ以外の何か(4月、5月)

夏(6月、7月、8月)

それ以外の何か(9月、10月)

と俺は思っている。それくらい短いいわゆる秋。

あっという間に冬将軍。

あーあ!
スポンサーサイト
研修医日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

研修医制度に思うこと(さいごの年の研修医一年目が思う)

研修医制度最終年の大姿海路でございます。

研修医制度…いろいろ言われてますが、皆さんはどう思われますか??

ま、実際やっているほうの意見としてはモラトリアム期間ですよね。

自分の専門へ進む前の先延ばしだと思います。

じゃあ悪いのかって言ったら大違いで

他の科を見れるというのはとてもいい経験だと思います。

ただ、昔の学生は卒業即入局だったから

学生のときに色々な科を自分の目でしっかり見てきたのだと思います。

今の学生は

研修期間に見つければいい

という考えです。

これは至極もっともなことで

働いてみないとわからないことが多いし

無理に卒業までに将来の道を決める必要はないのは確かです。

しかし、研修期間に回った科からは(指導医にもよると思うけど)はっきり言ってお客さん

もしくは雑用要員扱い。

勘違いしないでほしいのはだから悪いってんじゃない。

雑用だってそこから学ぶものはあると思うし。

勉強なんて仕事以外の時間を作ってできればいい。

お金をもらっている以上、文句を言わず仕事をするべきです。

ただ、研修中に将来を決めるってのはとても難しいと感じます。

お客さん、雑用要員の環境で、しかも全科回れるわけじゃないし。

病院によって盛んな科、そうでない科があるし。

そういう意味では大学のポリクリで探すのが実は一番いいのかも。

だって、科ごとのテンションの違いは大きくないし。

全科回れるし。

せめて卒業までに、数科に絞って、その科が盛んな病院を選択して研修する。

そのくらいは必要かと。

でも、俺たち現行の制度最終年だから

あまりにアドバイスになってないか…

でも確実にいえるのは

ポリクリで候補見つけとかないと俺らよりも大変ですよ、後輩たち!
研修医日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

帰還!

今日から勤務じゃ~

社会人、やっぱり夏休み短いね。

まあ、しょうがないか。

函館楽しかったですよ~

焼き鳥弁当、ラッピ、さすがにおいしかった。

イカ墨ソフトは朝市ですが、昼に行ったらしまってました。

朝市って朝しかやってないんですね。びっくりです。。

あと、函太郎の寿司!

これはすごすぎました。

札幌のほとんどの回転寿司屋は猛省すること。完敗ですよ。

○○と××くらいかな、互角に戦えるのは。

とにかくネタがでかい、うまい。

そして浜の隣という立地条件。

もう最高でした。


あと、立待岬、函館山という函館満喫ツアー定番コース。

五稜郭をあえてスルーするのが玄人です。

ところで皆さん、四稜郭 ってあるの知ってた??

俺は知らなかったからびっくりだ。

函館牛乳の直営牧場 あいす118

これはいいところ。牛と触れ合えるし、牛乳飲み放題100円、ソフトクリーム濃厚!250円、おなか下して下○出し放題になってしまったくらい楽しめました(爆

場所がちょっとわかりにくいからナビ力が問われます。

帰りは八雲ハーベスター行ってきました。

おいしかったけど施設としては見るところが少ない…

ケンタッキーフライドチキンとはまったく関係のない偽者?の方がよっぽど素晴らしいテーマパークでした。

ということで函満コースとしては

○函太郎(高価・混雑なので少人数なら◎)

◎あいす118(安く、おいしい。非常にお勧め)

△八雲ハーベスター(無性にフライドチキンが食べたくなったら是非)


ということになりました。後輩たちは参考にするように。

後日、写真もアップします。


よーし、では仕事がんばるか!
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

研修医時代初旅行!函館満喫ツアー!!

明日から嫁と函館いってきます。

墓参りもかねて。

結婚してから始めてのお盆なので先祖に顔を出さねば…

函館といえばやらねばならないことがあります。

((函館三種の神器))

・ラッキーピエロ

・やきとり弁当

・いかすみソフト(笑

をまずこなし、

あとはルーチンの長万部のかにめし(かなや)

ここまではいいだろう。



今回のチャレンジは

・函太郎の回転寿司

・函館牛乳のあいす118

・八雲ハーベスター

この中でルーチンコースに生きのこうる強者はいるのか??検証してまいります。

函館研修中の同級生には内緒で行くのでこのことは口外無用であるっ!



わくわく…楽しみだな~~

日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

夏休み

夏休みもらいました。

8月17日18日の2日間。

研修医は規定により2日間もらえます。

旅行にいってこようと思います。

旅行先は函館!

うまい回転寿司の店があるらしい…



昨日わが母部の東医体がありました。

卒業生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

続けたことにこそ意味がある。

本気で頑張ったことにこそ意味がある。

その苦しかった、でも頑張った、思い出は本当に宝物だと思います。

でも油断は禁物です。

大姿先生、ちょうど引退してから一年で11キロ増えました。

太ります。

気をつけてくださいね☆



というわけで、昨日からランニング開始。

ダイエットにはランニングが一番です!

チャリこいだり金魚運動したりなんて

ランニングに比べればほぼ無意味。

なんせ、

ランニングは自分の質量が生み出す重力を身をもって痛感します。

そう、体で。

すると体が無意識に「やばいやせなきゃ…」

って思う、という。

単純明快な理論。


昨日はたったの2.3キロ。

20分近くかけて走りました…

しんどかった。。。

週一でやりますんでよろしく。



でも病院で2階上がるのにエレベータ使っているようじゃあ

先が思いやられるわけで。


研修医日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日からブログ再開!

お待たせしました。

今日からまたブログを再開することになりました。

よろしくお願いします。

8月から診療科も移り、時間がある生活となっています。

7月は腫瘍内科での研修でした。1年目にしてかなり専門的内容だったので、「研修医」として選択することが適切な研修であったのかはわかりません。

しかし、「大姿海路」にとっては滅茶苦茶プラスな経験でした。

IVH、ポート、腹水胸水、腹部エコー…

たくさんの手技を経験できましたし。(もちろん上の先生のバックアップが必要でしたが)

特に、腹部エコーは1日1人!症例をこなすことができました。最後のほうは画像の描出がかなりスムーズになった気がします。

そしてなんといっても、代表的なケモレジメンの把握ができたのがよかった。

胃癌→TS-1/CDDP

大腸癌→FOLFIRI or FOLFOX ±AVASTIN

胆管癌→GEM(+CDDP)

食道癌→FP(or DOC+FU)

その他、尿膜管癌にS-1/CDDPしてたり、腎う癌のケモを見れたりと、珍しい癌化学療法も見れました。

あとは、BSCといって、化学療法せずに対症療法と除痛コントロールで余生をQOL高く過ごしていただく術も学びました。

もちろん、患者さんとの別れも多く、辛い思いもありましたが…。

患者さん、家族にとって満足した時間を過ごす手助けをする。とても素敵な仕事と感じました。

腫瘍内科のボスはFrenchですが、ボスの講義はとてもためになるもので、素晴らしかったです。

特に目からうろこだったのが

「化学療法はQOLを向上させる。」

これ、結構逆説的じゃない??

だって、化学療法は副作用が辛くて、吐いたり、ふらついたり、眠気がきたり、あと便秘、下痢、腹痛…

そんな印象があった。

だけど、今はその副作用を抑える薬の積極的使用にて多少軽減することができ、

さらに腫瘍そのものからの症状を化学療法で抑えることができるというのである。

たとえば、腫瘍が浸潤することで神経を傷つけ、痛みが出たりとか

胆汁を流す胆管という管を圧迫して閉塞して、黄疸をきたすとか

そういった腫瘍そのものが原因の悪影響を、化学療法により腫瘍縮小をすることで防止することができる。思うに以下の式が成立する。

(化学療法によるQOL向上)=(化学療法が効くことによる「腫瘍からのダメージ」の軽減)-(化学療法の副作用)

さらにこれに化学療法でもたらされる余命の延長が加算されれば

(化学療法のbenefit)={(化学療法が効くことによる「腫瘍からのダメージ」の軽減)-(化学療法の副作用)}*{化学療法で延長した予後/化学療法を使わなかった場合の予後}

で化学療法によってもたらされるbenefitが定量的に計算できる…と仮定できる。

この過程からも明らかなとおり、化学療法のbenefitは化学療法により腫瘍の縮小がなされたか、副作用は大きくなかったか、予後は延長するか。という3点が重要といえる。

それを見極め、benefitの無い化学療法は他のものと切り替えていく。これが腫瘍内科医の仕事である。

死に一番近い臨床医としてscienceとphilosophyのバランスから患者の「いちばん」を考える仕事。

とてもすごいな。と感じました。



今月は違う科に行きますが、

また色々勉強できると思うので楽しみです☆

では、また!
研修医日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。